旅行・お出かけ

調布市花火大会の無料鑑賞スポットは川崎市側がオススメな2つの理由

この記事では「調布市花火大会の無料鑑賞スポット」について紹介しています。

・川崎市側で無料で見れるとこあるの?

・調布市花火大会の東京側と川崎側でなにか違うの?

この記事はそんなあなたに向けた記事になります。

 

東京と神奈川の間に流れる多摩川でおこなわれる調布市花火大会。

調布市花火大会は神奈川の川崎市で見ることができますが、川崎市側では無料で見ることができます。というよりも川崎市側は有料閲覧席というものがありません。

東京側の川沿いはほとんどが有料になるのに対して、川崎市側は無料なんです。

川を挟んだ反対側は無料ならそっちの方がよくないですか?

この記事では「調布市花火大会」の無料スポットである川崎市側のオススメを紹介します。

ネコくん
ネコくん
タダより高いものはないね

調布市花火大会の開催場所と日時は?

開催場所は毎年一緒ですが、開催日時はわりとずれることが多いので毎年チェックしましょう。

開催場所:調布市多摩川周辺(荒天中止)

開催日時:2019年9月7日(土) 18:30~19:30

※2018年10月27日(土) 17:30~18:30

※中止になった場合は順延がない場合もあります。

 

調布市花火大会」は2016年までは「」に開催していが、2017年から「映画のまち調布“秋”花火」と名前を変更して「秋」に実施しています。

調布市花火大会の詳しい情報は公式ホームページをご覧ください。

映画のまち調布“秋”花火公式ホームページはコチラ

 

ちなみに花火が上がる場所はココです↓

多摩川は東京ー神奈川の間を流れる川になりますが、花火の打ち上げ会場はギリギリ東京都になります。

なので東京都調布市主催の花火大会になるわけですね。

ちなみ冒頭でも紹介しましたが有料席等の販売は東京都側でしかないです。

 

無料鑑賞スポットは「中野島~稲田堤の河川敷」

川崎市側はJR南武線の中野島~稲田堤間の多摩川河川敷で花火があがります。

地図でみても明らかなんですが、最寄駅は「中野島駅」と「稲田堤駅」が近いです。

東京側で一番近い「京王多摩川駅」からだと徒歩10分もかかるけど、中野島駅とか稲田堤駅から多摩川河川敷までは5~8分ほどで着きます。(中野島の方が河川敷に近いです)

しかも無料で観覧できるし、邪魔するものは基本的にないです。(稲田堤からだと橋がちょい邪魔に感じる人もいるかも)

どっちかっていうと中野島駅で降りるのをオススメします。

 

 

川崎市側がオススメな2つの理由

川崎市側の中野島~稲田堤間の河川敷がオススメな理由を紹介します。

オススメな理由① 東京より混まない

川崎市側は東京側よりも実は混みません。

有料席を買って花火を見る人にとってはあまり関係ないのですが、無料で見ようとするとめちゃめちゃ混みます。(みんな考えることは一緒)

よって東京側の無料で見れるスポットは激混みします。

だから川崎側でみるんです!!中でもオススメは「中野島駅」。

 

ほとんどの人は「稲田堤駅」は降りたことあったり、聞いたことがあると思いますが「中野島駅」って知らない人多く降りることはほとんどありません。

駅降りたらちょっとびっくりするくらい何にもないです。

コンビニは駅降りてすぐにありますが、駅からまっすぐ多摩川河川敷向かうと「ファミリーマート」と「サミット」、「モスバーガー」ぐらいしかありません。

中野島で降りて花火を見るときは事前に飲み物や食料を買っていきましょう。

 

オススメな理由② 駅から近い

川崎市側の2つの最寄駅は東京側の最寄駅よりもだいぶ近いです。

東京側は京王多摩川駅、調布駅、布田駅が最寄の駅として紹介されてますが、「調布」と「布田」に関しては徒歩20分もかかります。

一番近い「京王多摩川」からでも10分ほどかかる計算。

川崎市側の「中野島」や「稲田堤」であれば10分以内で河川敷までいけるので、行きと帰りが楽です。

 

東京側だと特に帰りが大変です。

当日は「京王線」と「京王相模原線」は絶対混みます。たぶん「JR南武線」もそれなりに混むことが予想されます。

行きはまだいいですが、帰りはみんな同じタイミングで帰るので本当に身動きできないほど混みます。

川崎側の人は最悪「小田急線登戸駅」までゆっくり散歩しながら歩いて帰ってもいいじゃないですか。(30分ぐらいかかりますけど)

東京側でも同じことがいえるんですが、東京側は各駅しか止まらない「和泉多摩川」です。

川崎側は快速急行も急行も止まる駅の「登戸」ですからちょっとだけ早く帰れますよ。

 

デメリットは?

ここまで無料で見るなら川崎側をオススメしてきましたが、デメリットも当然あります。

・仮設トイレなどはない(最寄りのコンビニやスーパー、公園のトイレを使う)

・座れない可能性が大

・東京側に比べて屋台とかない

・音楽とコラボしてる花火は音楽が聞こえない

・風向きによっては煙が邪魔(東京側、川崎側両方に言えることですがそこは運です)

わりと川崎側の方が風向きが良くてきれいに見える!!って聞きますが、これはその日の運です。

川崎側でも煙で全然見えないことあったりしました。

あと、屋台はほとんどないと思ってもらった方がいいです。

なのでコンビニやスーパーで買っていくことをオススメします。

 

一番大事なこと忘れてた!!

映画のまち調布」ってぐらいなので映画の音楽に合わせて花火が上がるんですが、川崎側だと音響機材とかないので音楽が聞こえない可能性があります。

小さいお子さんがいるご家庭の方は絶対東京側の有料席を購入した方がいいです。

お子さんのことを考えたらお金かかてもゆっくり座れて見れる方がいいですよね?

 

前日の場所取りは禁止

川崎側の多摩川河川敷では前日までの場所取りは禁止されています!

さらにスプレーなどでの場所取りは「復旧費用」がとられる可能性があるのでやめましょう。

ネコくん
ネコくん
当日0時からならOKかな?

 

まとめ

・川崎側の方が駅から近くて混まない

・小さいお子さんがいるご家庭の方は東京側の有料席が安全

 

無料で花火見るな川崎側をオススメしますが、ケースバイケースですね。

やっぱり座ってゆっくりみたかったり、子供や体力に不安のある方がいる場合は東京側の有料席を購入した方が絶対いいです。

花火は楽しんでみれればそれが一番。

本日も読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
自由気ままな猫
自由気ままな猫
お金を稼ぐ方法や節約方法、自分が行った場所や経験したことを紹介しています。 このブログを見てくれた方にとって少しでも「見てよかった」っておもっていただけるように頑張ります。 質問などありましたら「問い合わせ」やTwitterのDMよりご連絡ください。