【サラリーマン川柳】2019年の1位を大予想!!
沖縄旅行

ペーパードライバーが沖縄旅行でレンタカーを乗り回せた5つの方法

この記事は「ペーパードライバーなのに沖縄旅行で車(レンタカー)の運転をすることになってしまった人」に向けての記事になります。

・沖縄でレンタカーを運転することになったけどペーパードライバーだから不安

・ペーパードライバーでも沖縄旅行で運転する方法を知りたい

そんなあなたに向けた記事になります。

あわせて読みたい
ペーパードライバーが沖縄旅行で運転しない方がいい観光スポット4選この記事では「沖縄旅行でペーパードライバーには運転しにくい観光スポット」について紹介しています。 ・沖縄旅行でレンタカーを借り...

この記事は実際にペーパードライバー歴12年の私による実体験なので、とても信憑性があると思います。

運転してない人にとって運転すること自体がとても不安で怖いことですよね。それも慣れてない土地で運転するのは本当に勇気がいることです。

この記事を読んでそんな不安と恐怖に少しでも打ち勝てるようになっていただければ幸いです。

沖縄旅行とペーパードライバー

ここでは沖縄旅行で私が運転することになったいきさつと、私のペーパードライバーとしてのスペックを紹介します。

いざ沖縄旅行へ

人生初めての沖縄旅行にいくことになりました。
みなさんは沖縄に行ったことありますか?私は今回が初めての沖縄旅行だったのでは楽しみでしょうがありませんでした。しかしここで問題が!!

いざ旅行会社に行って予約をしている時にふとレンタカー付きという項目が目に入ってくるじゃありませんか!!

私が「レンタカーには乗らないかもしれないんですけど」って言ったら「沖縄は電車がないので、レンタカーやバス移動がメインになってきますよ」って旅行会社の人が丁寧に教えてくれました。

「なんですと!?」

まさかペーパードライバーの私が運転しなければいけないのか?
念のため一緒に旅行へ行く相方(現在は妻)に運転できるか一応聞いてみる。

「私?免許あるけど親から運転するなって言われてるから無理だよ」

マジかよ!!ってかなんだそれ。免許取った意味ないじゃん(自分もだろ)

だが2泊3日の旅行で行きたいところを網羅するにはレンタカーがないと厳しいことが判明。

この記事では私が実際に沖縄旅行に行くまでにしたことと、沖縄旅行中に実践していたことをまとめました。

 

ペーパードライバー歴〇〇年

まずは私のスペックのご紹介です。
18歳の時に免許を取得して、30歳になるまで車の運転回数は何と「ゼロ」

そうなんです!!
ゴールド免許でペーパードライバーという完全無傷の運転免許証。
車自体の運転は何と12年ぶりという恐ろしさ。

ただ、車の免許取得後に中型二輪の免許は取得していたので、18から22歳まではバイクに乗っていました。なので一般道路で走るということに関しては一応初心者でありませんでした。当然ですが、高速道路なんて使ったことないです。

 

①旅行前にレンタカー借りる

まずは沖縄旅行に行く前に「レンタカー」を借りて練習してください。

いきなり見知らぬ土地で運てしてやるぜ!!ってアホな考えは捨ててください(笑)

私は今住んでるところでレンタカーを借りて練習しました。

旅行に行く前に一度レンタカーを借りた理由は以下の3点

・レンタカーを借りたことがなかった

・最初は軽自動車で練習したかった

・本当に運転できるか確認したかった

ここで一番重要なのは運転できるかということです。

私はレンタカーを借りて100メートルぐらいはサイドバーの存在を忘れていて、軽くロックした状態で走ってました。(ずっとピーピーうるさいな!って思ってたらそれでした。壊れなくてよかったです)

アクセルとブレーキがどっちかわからないし、給油タンクとボンネットを間違えて開けてたりしました。

※どうやらこれはペーパードライバーや初心者さんにあるあるらしくて、ガソリンスタンドのお兄さんに笑顔で「よくあるんで大丈夫ですよ」って言われてしまった。(ちょっと恥ずかしい)

私は30歳だからってことで恥ずかしくて最初に聞けなかったんですが、わからないことがあったら出発する前にレンタカー屋さんに聞いてから出発しましょう。

ちなみに12年ぶりにも関わらず一日で100キロくらい走ったと思います。最初は知っている道を走りながら割と大きい駐車場を目指します。駐車場で何回か駐車の練習をして、今度は少し遠出しました。

ここで一つ注意なんですが、一人で運転するのはやめてください。必ず、普段運転している人を助手席に乗せて練習してください。

一人だったリ、同じペーパードライバーと一緒に行っても車のことや道路標識がわからない可能性がとても高いです。事故につながるので必ず優良ドライバーの人と練習が必要です。

最初は緊張して怖いし、聞くのが恥ずかしいって思うかもしれないですけど、やはり教習所で何十時間も練習したことなので意外と道路にでてしまえば運転できます。

もしこの段階で運転するのが無理だなって感じでしまったのなら沖縄旅行で運転するのはやめた方がいいと思います。

もしくは教習所のぺーパードラバーコースを受講することをお勧めします。

 

②ナビを必ず使う

カーナビを必ず使うようにしましょう。

沖縄ついたらまずはレンタカーを取りに行きます。(プランによっては使う日が決まっていると思いますので、そこは旅行前にチェックしてください)

沖縄のレンタカー屋さんなんですが、かなり混雑しているケースが多いです。レンタカー借りるだけで下手したら1時間~1時間半かかることもあるようですので注意してください。(安いところ余計に混みます)

車のチェックが終わったら出発です。

出発する前に必ず最初の目的地をカーナビにセットしてから出発してください。
レンタカー屋を出てから設定しようとすると心に余裕がなくなってしまうので、出発する前にセットしておくことをお勧めします。

また、どこに行くのにもナビで目的地をセットしてから出かけるようにしてください。

ナビはたとえ道を間違えても再設定して必ず目的地までの道を示してくれますし、どこで曲がるのかがわかるので心の準備もしやすいです。

実際私は「7キロ先右折」ってナビに表示されていたら結構前から右側の車線に移動していました。

カーナビですが、ナビによってはちゃんと道案内してくれない場合があります(古すぎるのかもしれません)

そういったときは自分のスマホを使った方がいいです。私も民家の細い道とか表示されたんで、途中からカーナビは高速以外では信用しませんでした。

 

③ETCを使う

「ETC」を持っていくか、「ETC」がついているレンタカーを借りましょう。

どこを観光に行くかによって変わると思いますが、高速道路を使うなら「ETC」はあった方がいいです。

沖縄の人がETCをあまり使わないのかわかりませんが、「一般側」は混んでても「ETC側」がすいているのをよく見かけました。

また、一般側ですと入るときは券を取るだけですが、出るときはお金を用意して渡さないといけないのでペーパードライバーにはハードル高いです。

なのでETCを使用することをオススメします。

レンタカー屋さんによって仕様が異なるので、ETCが使えるかどうか確認しておきましょう。

 

④高速は左車線

高速道路は基本的には「左車線」を走行するようにしましょう。

ではいざ高速へ!!うん!ひたすらまっすぐやんけー!!ってほど沖縄の高速道路は直線ばかりです。

沖縄の場合は高速道路に入るときよりも「車線変更」するときに気を付けたほうが良いいです。

私は基本ずっと左車線にいました。「どうぞ抜かしてください!!」って方針です。

一般道路では全然きにならないんですが、高速道路はやはり高速ということもあってみんなかなりスピードをだしてます。

なのでペーパードライバーは左側車線で80~90キロぐらいで走っているのが無難です。

たまにすっごーく遅い車がいて、抜かさなくちゃいけないときは慎重に焦らず追い越してすぐ戻るようにしましょう。

 

⑤心構え

ペパードライバーの方でも沖縄の道路になれていくと調子に乗ってしまうこともあります。

ここでは沖縄で運転する際の「心構え」について紹介します。

安全運転

これ大事です。とにかく安全運転。慣れてきたと思った時が一番危ないんで気を付けてください。

油断大敵です。初心を忘れないでください。

 

法定速度

遅すぎるのも迷惑っていう人がいますが、そんなの関係ありません。法律を守っています。

自分が一番先頭だと早くいかなくちゃ!!って焦っちゃうかもしれないですけど、そこは冷静に落ち着いて運転してください。

 

那覇市は注意

那覇市は交通量が多いです。車線変更をする時は焦らないで入れてくれるのを待ちましょう。

交通量だけでなく、人も多いので横断歩道などにも気を付けてください。

 

バス専用車両に注意

時間帯によって「バス専用車両」なるものがあるので注意してください。これはレンタカー屋さんでも注意してねって言われる場合があります。

 

ナンバーに注意

沖縄のレンタカーは「わ」「れ」です。一般道路でも高速道路でもそうですが、同じレンタカーに追い越されることがほとんどです。

沖縄の人優しい。レンタカー怖い。ってイメージ。

自分と同じようにペーパードライバーで旅行に来ている人もたくさんいます。レンタカーに初心者マークがついているのもよく見かけました。

後ろは気にしなくていいですが、自分の前に「わ」または「れ」ナンバーがいたら注意しましょう。いきなりブレーキ踏んだり、急にウィンカー出してくる可能性あります。

ペーパードライバーの私たちはできるだけ前の車とは車間距離を保つようにしましょう。

最近は都内でも高速道路などで「車」のトラブルが増えています。

なので、できることなら「ドライブレコーダー」がついているレンタカーを借りるようにし、自分の身の潔白を証明できるようにしておくとなお良いです。

 

まとめ

・沖縄旅行に行く前にレンタカーを借りて、見慣れた道で練習してみる

・目的地が変わるたびにカーナビで案内してもらう

・高速道路を使うならETCがあると便利

・とにかく安全運転を心がける

 

どうだったでしょうか?少しは役に立てていたら幸いです。

沖縄旅行の前にレンタカーを借りて練習し、「運転できる!」って思えたなら大丈夫です。

私は車道を走るよりも「駐車」に一番神経を使いました。まぁ駐車なんてうまくいかなかったら何回もやり直せばいいんですけど、ぶつけたらどうしようって考えたら震えてしまいます。

沖縄の人は優しいです。旅行中は一回もあおられたりはしませんでした。どっちかっていうと同じレンタカーの人に追い越されたりしてたので、そっちの方が怖いです。

本当にレンタカーを借りて運転するのが無理って方は「タクシー」とか「バス」を使うことをお勧めします。
事故に合うよりよっぽどいいです!!

あと、私は試してないんですが「justavi」というのを使ってもいいと思います。

これは「地元のドライバー」が運転してくれるサービスで、もしかしたら地元の穴場スポットとかも案内してくれる可能性があります。(当然運転手によって変わってくる可能性があります)

まぁ全く知らない人に運転してもらうのが嫌じゃなければですけど、コミュニケーション力が高い人にはオススメです。

沖縄旅行本当に楽しかったので、行ったことない人はぜひ行ってみてください。

本日も読んで頂きありがとうございました。

あわせて読みたい
ペーパードライバーが沖縄旅行で運転しない方がいい観光スポット4選この記事では「沖縄旅行でペーパードライバーには運転しにくい観光スポット」について紹介しています。 ・沖縄旅行でレンタカーを借り...
ABOUT ME
自由気ままな猫
自由気ままな猫
自由気ままに生きていけるように!! 少しでも役に立つブログにしていきたいです!!