旬・トレンド

「母の日」にカーネーション以外の贈り物(プレゼント)をあげたい人必見!!枯れない贈り物10選とは?

この記事では「母の日にカーネーション以外の贈り物をあげたい」人に向けた記事になります。

・母の日にカーネーション以外の贈り物を送りたい

・枯れないで長持ちするものをあげたい

・カーネーション以外ってみんななにあげてるの?

そんなあなたに向けた記事になります。

 

「母の日」にカーネーションを贈っている方が多いと思います。

やっぱり母の日の定番といったら「カーネーション」ですよね。

でも「毎年カーネーションってどうなんだろう?」とか「カーネーションは枯れてしまうから違うものの方がいいかな?」って考えてるい方は多いのではないのでしょうか?

この記事ではカーネーション以外のものを「母の日」に贈りたい人の為にいくつか商品をご紹介します。※枯れてしまう生花は対象外とします。

「母の日」に贈るプレゼントの参考にしていただけたら幸いです。

カーネーション以外の贈り物(プレゼント) 10選

さっそくカーネーション以外の贈り物をご紹介したいと思います。

 

①カタログギフト

まずは「カタログギフト」です。

カタログギフトはお母さんに好きな商品を選んでもらう形になります。母側からしたら一番現実的で活用性が高いプレゼントです。

花はもちろん食器やスイーツなどいろんな商品から選べるので、一個ぐらいは好きな商品があるはずです。

・母が好きなものを選べる

・贈る側はプレゼントを選ぶ手間が省ける

・母が何を選んだかわからない

・価格帯がピンキリ(3000~15000円)で選べる商品が変わる

・もらう側の気持ち次第ではそっけないプレゼントととらえられる可能性もある

 

②ハーバリウム

ハーバリウム」はかなり長持ちします。長いものだと3年も鑑賞用とし置いておけます。

・長持ちする

・やっぱり花やカーネーションをあげたい方にオススメ

・手入れの手間がない

・直射日光に弱い

・大きいものは邪魔になる可能性もある

 

③フラワーソープ

フラワーソープ」は見た目が花束に見える「石鹸」です。

花束に見えるし、においもあっておしゃれです!母の日って感じがする商品です。

・花束だけど石鹸だからかれない

・お花をあげている感覚と同じ

・鑑賞用なので石鹸としてはつかえない場合がほとんど

・石鹸においが苦手な人には向かない(いろんなにおいがあります)

 

④エプロン

 「エプロン」を毎日つかってるお母さんには新しくプレゼントしてしまうのもありですよね。

母の日っぽく花柄のエプロンをプレゼントするのはいかがでしょうか。

・エプロンが新しくなるので、家事が楽しくなるかもしれない

・たくさん持っていたら使われない可能性がある

 

⑤バック

 いつも頑張ってくれてるお母さんに例年よりも奮発して「ブランドのバック」をプレゼントしちゃいましょう!

喜んでくれること間違いなし!

好きなブランドなどをリサーチしておく必要があります。

・特別な母の日を演出できる

・次回の母の日や誕生日の期待値が上がってしまうかもしれない

・通常よりお金がかかる

 

⑥財布

 バックと一緒で例年とは違った母の日を演出できます。

・特別な母の日を演出できる

・次回の母の日や誕生日の期待値が上がってしまうかもしれない

・通常よりお金がかかる

⑦ギフト券

 もう一通りプレゼントしてしまった人は「ギフト券」という選択肢もあります。

カタログギフトの中にあるようなものは欲しくなくて、花もなども喜ぶような感じではない場合に有効です。

・好きなものを買える

・あれこれ考えなくていい

・ギフト券が使えないところがある

・母の日という感じがしない

 

化粧品

 「化粧品」をプレゼントする場合は普段から使用しているメーカーなどを把握しておくといいでしょう。

ワンランク上の化粧品や普段使用している化粧品のギフトパックなどをあげるといいです。

普段から化粧するお母さんにはありがたいですし、しない場合でも特別な日に使うものとして重宝します。

・消耗品の中では比較的高いものなので貰って損はない

・普段と違う化粧品はアレルギーや肌に合わない場合がある

・化粧してほしいという意味で捉えられてしまう可能性がある

⑨食事に連れて行く

 一緒に母の日を楽しんじゃいましょう!

普段ご飯などを頑張って作ってくれるお母さんにはとってま嬉しいプレゼントです。

普通のお食事もいいですが、ちょっとだけ高いところに連れていってあげるのがベストです。

安すぎると労い感がうすれるし、高すぎると引いてしまいます。家庭のは経済状況により変わってきますが、いつもよりちょっとだけ贅沢な感じがほっこりするんです。

・直接お母さんをねぎらうことができる

・食事を通して仲が深まる

・お金が人数分かかる

・思い出として残るが物として残らない

⑩現金

 これは最強の洗濯だと思います。

世のお母さんはきっと何をもらっても喜んでくれるはずですが、本当にあげるものがないときやあげつくしてしまった場合は「現金」です。

※成人してたり結婚してない場合はおススメしません。

・どこでもつかえる

・心がこもってないと思われる可能性がある

 

その他 プレゼント

その他にも以下のようなものを贈る場合もあると思います。

・旅行やホテル宿泊、テーマパークへ招待

・指輪やネックレスなどのアクセサリー

・1日家事代行

考えればたくさんでてきますが、ようは日頃の感謝の気持ちが伝わらことが一番です。

ワンポイント

ご紹介した贈り物に「造花」のカーネーションを添えたり、①〜⑧までの贈り物がそこまで高額ではない場合⑨〜⑩のギフト券や現金を気持ちたいど包むといいです。

まとめ

カーネーション以外にもプレゼントできるものは沢山ある

最後はやっぱり気持ちです。日頃の感謝の気持ちが伝わるようにプレゼントを選びましょう。

何をあげても喜んでくれると思いますが、一番いいのはお母さんに何がほしいか聞くことです。

この記事が参考になり、あなたのお母さんが喜んでくれると嬉しいです。

本日も読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
自由気ままな猫
自由気ままな猫
転職回数8!消費者金融から借りたお金100万円!30歳で貯金0から2年で貯金100万を達成し、無事に結婚(貯金は結婚式でなくなる)しかし結婚してお小遣い制に!サラリーマンの副業を実践!肉体労働以外で稼げるもののみ実施。あと、FXや株などで資産運用。基本はスワップ狙いの中〜長期トレード/セミリタイアに向けて頑張ってます!資産運用のお金はヘソクリ。お小遣いは月二万円! このブログを見てくれた方にとって少しでも「見てよかった」っておもっていただけるように頑張ります。 質問などありましたら「問い合わせ」やTwitterのDMよりご連絡ください。