【サラリーマン川柳】2019年の1位を大予想!!
旬・トレンド

カーネーションが枯れる原因ベスト3!長持ちさせる方法とは?

この記事では「カーネーションの枯れる原因と長持ちさせる方法」を紹介しています。

・母の日にカーネーションをもらったけどすぐ枯れて悲しい

・カーネーションを枯らしたくない

・カーネーションを長持ちさせたい

そんなあなたの為の記事になります。

 

5月の第二週の日曜日は「母の日」ですね。みなさんは母の日に何をあげていますか?

私はちょっとした気持ち(現金)と小物をあげています。

小さいころはカーネーションを母に送っていたのですが、実は私の母は植物を育てるのが苦手てでした。カーネーションだと枯らしてしまうから申し訳ないっとのことで、カーネーションを贈るのを今はやめています。

きっと私の母と同じようにカーネーションを枯らしてしまわないか不安、もしくは毎年枯らしているから申し訳ないと思っている方が多いのではないでしょうか?

安心してください!!

この記事ではそんなあなたにカーネーションを枯らしてしまう原因と長持ちさせる方法を紹介します。

母の日にもっらったカーネーションが枯れる原因ベスト3

こちらではせっかく「母の日」にもっらたカーネーションをが枯れてしまう原因をご紹介します。

ベスト3

花やつぼみを摘み取らなかった

母の日にもっらたカーネーションはとっても嬉しいものです。

できればそのままずっと飾っておきたいところですが、時間がたつと当然花はしぼんできます。これをそのままにしておくととっても良くないです。

しぼんだ花は摘み取り、他の花に栄養が行くようにしましょう。また、カーネーションはつぼみがたくさんできますが、すべては咲きません。つぼみを触って中身が無いようであれば摘み取ってしまいましょう。

そうすることで日の光や栄養が元気な花に行くようになります。

 

ベスト2

日当たりが悪い

日光に当ててあげないと元気な花が咲きません。

もらったカーネーションをテーブルの上や玄関などに飾ったりしていませんか?

カーネーションは日光が大好きな植物なので屋内よりも屋外で育てたほうが良いです。

 

ベスト1

可愛いラッピングや鉢のまま鑑賞用として放置

最近のカーネーションは本当にかわいくラッピングされてますよね。

そのまま飾っておきたい気持ちもわかります!でもカーネーションを枯らしたくないのであればすぐにラッピングはとって適切な鉢に移し替えましょう。

風通しが悪かったり、日光に当たらない箇所が出てきてしまいます。

 

もっらてすぐは印象が悪くなるって考えている人はなるべく早く移すようにしてください。

また、スマホやデジカメでカーネーションを撮影してから「枯らしたくないからラッピングとっちゃうね」と言えばあげたほうも嬉しいはずです。

 

その他

・水のあげすぎ

・そもそももう元気がなくて枯れる寸前

・鉢を移す時に根っこを切ってしまった

 

長持ちさせる方法とは?

せっかく母の日にもっらたカーネーションを長く楽しみたいですよね?

とっても簡単な4ステップをご紹介します。

想定は「かわいくラッピングされていて、かわいい鉢に入っているカーネーション」をもらいました。

ステップ① 写真を撮り、ラッピングを外して適切は鉢に写し変える

鉢を移しかえるときに根っこと土はそのまま一回り位大きい鉢に移し替えましょう。

根を切ったり、土をとったりしないように注意してください。

※鉢の大きさが十分であれば移し替える必要はないです。

 

ステップ② しおれた花や中身のないつぼみは摘み取る

しおれた花や中身の無いつぼみを摘み取ることで、元気の花に栄養や日光が行きわたるようになります。

つぼみはちょっとつまんでみると中身があるのか無いのか判断できるはずです。確認してみてください。

 

ステップ③ 日光があたり、風通しが良いところに置く

もらったカーネーションは目のテーブルや玄関に置いてしまう方が多いと思いますが、ちゃんと日光が当たって風通しがいいところで育ててあげてください。

※真夏の暑さにはたえられないので涼しくて風通しの良いところを確保してあげてください。

 

ステップ④ 表面の土が乾いた頃に水をあげる

①~③までができたらあとは水に注意してください。

水はあげすぎてしまうと根っこが腐りますし、あげないでいると枯れてしまいます。

「鉢の表面の土が乾いたぐらい」の時に水をあげるといいです。

 

まとめ

・枯れる原因は多々あるが、母の日のラッピングはすぐとった方がいい

・枯らさないためにはたった4ステップでいいので割と簡単(育てる場所が難しいかもしれませんね)

 

母の日にせっかくもっらたカーネーションを枯らさず、できるだけ長く楽しみましょう。

本日も読んで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
自由気ままな猫
自由気ままな猫
自由気ままに生きていけるように!! 少しでも役に立つブログにしていきたいです!!